ニキビ跡 ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治す方法とは?

ニキビ跡には赤み・色素沈着(シミ)・クレーターの3種類があります。原因や特徴は異なりますが、それぞれのニキビ跡に効果的な方法をまとめました。

 

ニキビ跡の赤みを治す方法

ニキビ跡の赤みにはビタミンC誘導体が有効です。色素沈着やクレーターと違い、参考書籍でもニキビ跡に有効な成分として挙げられたのはビタミンC誘導体だけでしたので、必ずビタミンC誘導体が含まれている化粧品や美顔器でケアするようにしましょう。

 

ニキビ跡の色素沈着を治す方法

ニキビ跡の色素沈着にはビタミンC誘導体の他、美白化粧品やピーリングが有効だと言われています。特にピーリングは古い肌の代謝を促す効果があるので、シミや色素沈着のある肌を剥がしてくれます。ただし、ニキビ跡の色素沈着はシミになって消えなくなる可能性があるので、必ず紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

ニキビ跡のクレーターを治す方法

ニキビ跡のクレーターは赤みや色素沈着とは違い、自宅で治すのが難しいと言われています。肌を乾燥させないことでクレーターが目立ちにくくすることは出来ますが、凸凹そのものが治るわけではありません。多少のクレーターは無視しても良いと思いますが、本気で治すなら美容皮膚科で治療してもらいましょう。

 

ニキビ跡にオススメの化粧品

 

商品商品詳細

第1位:プリモディーネ

お試し価格:1,080円
内容量:15ml(約6日間)

2種類のビタミンC誘導体を配合した化粧水
ニキビ跡の赤みニキビ跡の色素沈着ニキビの予防・改善

通常のビタミンC誘導体の100倍の浸透力を誇るAPPS(高浸透ビタミンC誘導体)を配合。ニキビ跡の赤みは肌の内部での炎症なので、浸透力のあるAPPSがオススメです。ニキビが赤く腫れやすく、腫れが引いた後でも赤みが消えない人は一度試してみてください。

第2位:NOV

お試し価格:1,620円
内容量:1週間

色素沈着に即効性が期待できるニキビ化粧品
ニキビ跡の赤みニキビ跡の色素沈着ニキビの予防・改善

古い角質を剥がすピーリング効果で積極的にニキビ跡に働きかけ、ニキビのなかった頃のなめらかな肌に導きます。また全ての化粧品にビタミンC誘導体も含まれているので、ニキビ跡のケアもバッチリです。ニキビケアとしての総合力で言えば、最も優等生な化粧品です。

第3位:ビーグレン

お試し価格:1,944円
内容量:1週間

ニキビを治しながらニキビ跡をケアする
ニキビ跡の赤みニキビ跡の色素沈着ニキビの予防・改善

ニキビ跡のケアよりもニキビの改善に重点を置いているニキビ化粧品。配合されているビタミンCは誘導体ではないので期待できる効果は少し落ちるものの、炎症を抑えるアロエエキスや肌に優しい界面活性剤不使用など、ニキビの出来にくい肌を作ることでニキビ跡を予防します。

第4位:リプロスキン

定期価格:4,242円
内容量:1ヶ月

化粧水1本で広く浅くニキビをトータルケア
ニキビ跡の赤みニキビ跡の色素沈着ニキビの予防・改善

化粧水1本でニキビをトータルケアしたい人にオススメ。バランスの取れた化粧水ですが、突出した働きもない化粧水。定期購入でなければかなり高価な化粧水なので、ニキビで深刻に悩んではないけれど、とりあえずニキビケアをしておきたいという方にオススメです。

第5位:オルビス

お試し価格:1,296円
内容量:3週間

オルビスでこれから始めるニキビケアセット
ニキビ跡の赤みニキビ跡の色素沈着ニキビの予防・改善

ブランド力も高く、安定感のあるオルビス化粧品。オルビスというだけで購入する人が少なくないほど、信頼されているブランドのニキビ化粧品です。ニキビ跡を目的として作られた化粧品ではないので、これからニキビケアを始めたい人に使ってもらいたいニキビ化粧品になります。

 

ニキビ跡は化粧品で治すのがオススメ

【ニキビ跡ガイド】赤みや色素沈着のニキビ跡を治す方法

ニキビ跡はひどいクレーターでない限り、化粧品でケアするのがオススメです。特に、赤みや色素沈着に効果があるビタミンC誘導体が含まれている化粧品を選びましょう。

 

また、ニキビ跡を予防するにはニキビを作らせないことも大切です。成人してからもニキビが出来る人は、肌の保湿を重視してみてください。様々なモデルや女性芸能人が美容の秘訣を保湿と語るほど、保湿はキレイな肌を作る基本です。

 

スースーし過ぎない洗顔料を使い、できれば化粧水の他にも保湿美容液やクリームを使うようにすると、ニキビが悪化しにくい強い肌になります。

 

 

 

ニキビ跡を治すには、まずニキビ跡の種類を知る必要があります。ニキビ跡には赤み・色素沈着・クレーターの3種類があり、ひどいクレーターの場合は美容皮膚科でしか治療は出来ません。その他の場合はスキンケアで改善が期待できますので、ニキビ跡用の化粧水や化粧品を使ってケアしましょう。大切なのは毎日ケアを続けることです。初めて化粧品を使う男性は気づいた時にしか使わないことも多く、なかなか改善しません。ニキビ跡に効果的な成分が含まれている化粧品でも、1日や2日で効果が現れることはありませんので、必ず続けるようにしましょう。ニキビ跡に効果的な成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白成分としても有名でニキビが出来た後のくすんだ肌にもオススメです。ニキビのなかった若かりし頃の白肌を手に入れるには、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使用しましょう。少し話はそれますが、日焼けで出来た肌黒さとニキビ後のくすんだ肌は全く違います。前者は若さが感じられますが、後者はやつれを感じさせ、年を取った印象を与えます。ニキビがよく出来る人の中には、たるみや毛穴の開きの悩みを持つ人もいますので、ニキビ跡は早めに治してしまうのが吉です。また、ニキビ跡の色素沈着にはピーリングもオススメです。赤みが肌内部、色素沈着が肌表面といった違いがあり、色素沈着の場合は角質のターンオーバーを促すことで早期の改善が期待できます。ニキビ跡には頬のニキビ跡、鼻のニキビ跡、あごのニキビ跡、首のニキビ跡、背中のニキビ跡、デコルテのニキビ跡、おしりのニキビ跡など、色々な種類が存在します。ニキビ跡に有効な成分自体は変わりませんが、場所によってニキビの原因は異なりますので未だに大人ニキビが出来る人はニキビの原因を取り除くことから始めましょう。ニキビ跡は治療するにしても時間がかかる疾患です。先にニキビが出来ない状態を作り出してから、ニキビ跡のケアに励むのが最も現実的です。